サイトマップ個人情報の取り扱いについて  
 

株式会社 ヒューマンリソース

Human Resources Ltd.  
  株式会社 ヒューマンリソース ホーム 会社概要 事業案内 お問い合わせ  
 

事業案内

 
  事業案内教育研修事業キャリアサポート事業コンサルティング事業カウンセリングセンター  
ホーム > 事業案内 > 入社内定者フォローアップ研修

教育研修事業

キャリア・ライフデザイン研修マネジメント研修学生のキャリア教育
人材市場価値評価プログラム MAP社会人基礎力評価プログラム PCAP内定者フォローアップ研修

入社フォローアップ研修

入社内定者フォローアップセミナー「入社前の2つの基礎力」

平成18年、経済産業省は社会へ出る前の学生たちに基礎学力に加え、「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力」を身につけてほしいとし、社会人基礎力と銘打ってガイドライン化しました。しかしながら、学生のうちに社会人基礎力が身についていないまま社会人として出発し、企業が新入社員教育の一環としてそれらを身につけるように促すということが現状のようです。

当研修では、「社会人基礎力」「コミュニケーション能力(基礎編)」の2つの基礎力に焦点を絞り、入社前の時期にそれらを身につける大切さを考え、グループ内で議論します。また、研修までに事前課題として、PCAP(社会人基礎力評価プログラム)を実施していただくことにより、ご自身の強み・弱みを抽出し、当研修で入社までの課題・目標・行動計画を立てていただきます。この行動計画は、採用ご担当者様まで提出いたしますので、内定者が立てた計画を共有し、サポートすることで入社までのフォローアップ活動として使用していただくことも可能です。

セミナーお問い合わせ・お申し込みはこちら

内定者研修、内定者フォロー研修のねらい

社会人基礎力&コミュニケーション能力(基礎編)は将来のリーダーシップ・業務遂行能力につながります
現在では、内定者研修は、企業にとって必須の施策となっています。ですが、人事にとって研修の企画・実施が悩みの種になっているという声も多く聞かれます。内定者研修の開催にあたり、何をテーマにすればよいかいいアイディアが浮かばないというのが、採用担当者の実情のようです。

当研修では、新社会人として重要なキーワードでありながら、特に決まった定義がなく抽象的な「社会人基礎力」をテーマとして議論をします。社会人基礎力の概念を学ぶことはもちろんのこと、自分の意見を自分の口から発表し、議論する機会を設けることによって、積極的発言力を養います。(コミュニケーション能力 基礎編)このことは、入社後の企画・提案力、プレゼンテーション能力の土台となります。

御社の求める人材像を設定いただければ、その項目を中心に研修を構成することも可能です。将来のリーダー育成のきっかけを作ります。

研修中に作成する課題・目標・行動計画シートの作成によって、入社までの自己改革計画を具体的に立てます。その計画を採用ご担当者様と共有し、定期的に助言やコミュニケーションをとることで、ご本人の社会人となる不安を払拭し、自信と期待をもって入社していただくことになります。

内定者フォロー研修 プログラム

1日 7.5時間 受講者数:4名〜24名

9:30-11:30
プログラムオリエンテーション
社会人基礎力とは
社会人基礎力はなぜ必要か
PCAP結果フィードバック

12:30-14:45
求める人材像(1)

14:45-17:00
求める人材像(2)
PCAP行動特性
PCAP思考特性
PCAPコミュニケーション能力
まとめ

内定者フォロー研修の流れ

入社後の新入社員研修フォローアップの際、研修内容の復習、課題・目標・行動計画の再策定を行い、その計画表を基に上司面談を行うとより効果的です。

→課題・目標・行動計画シートサンプルを見る(PDF:108 KB)

当研修ではこんな声にお応えします。

内定辞退が多くて困っている。 →内定者の社会人となる不安を期待に変えます。
時間と費用をかけて選んだ内定者。「売り手市場」の昨今、これからが本番です。是が非でも入社してもらうためには内定者フォロー活動が重要になってきます。今ほとんどの内定者が入社前に抱えている悩みをご存知ですか? それは「社会人になる不安」です。その悩みを解消してあげることこそが、内定者フォロー活動の成果を上げる鍵となるのではないでしょうか。

自分の意見を言えない新入社員が多すぎる。→社会人基礎力という抽象的なものを題材としたグループディスカッションを複数回行うことで、自分の意見を自分の口から言う機会を提供します。
ゆとり教育という競争原理の働きづらい環境で教育を受けてきた彼らにとって、「人と違う意見を言う」、「人より目立ってしまう」ことに対してあまり良い印象を持っていない、いわゆる「大衆迎合型」の新入社員が増えてきています。せっかく良いアイディアを持っていても意見をしなければ、会社にとっても本人にとっても不幸なことです。自分の意見を発言することの大切さを説き、人前で話す機会を作ることで意識改革・行動改革を促します。

内定から入社までの期間、採用担当として定期的にコミュニケーションをとりたい。 →社会人基礎力を数値化するツール、PCAPを使用し強点・弱点を把握します。その結果から課題を抽出します。
例えば、内定者に対して入社までの課題を与え、それを共有し、アドバイスを送ることも有効な内定者フォロー活動になります。 当研修では、現時点での課題を抽出し、入社までの目標と行動計画を立てることが可能です。

協調性のある新入社員を迎えたい。 →多種多様の価値観を考えます。

学生時代までは、気の合う仲間とだけ付き合えば良かった訳ですが、社会人となったらそうもいきません。しかしながら、人付き合いに関して、学生時代の延長で問題ないと考えている新入社員が増えてきているようです。世の中や会社には様々なバックボーンを抱えた人たちが存在し、多種多様の価値観を認め合わなければ会社は動かないということを認識してもらいます。

新入社員研修の効果を高めたい。 →物事を貪欲に吸収する意識を高めます。
新入社員の研修に対するモチベーションが研修効果に大きな影響を与えると思いますが、それ以前に研修内容を吸収する土台ができているか否かが重要です。その土台を入社前に作ることにより、新入社員研修だけに留まらず、入社後の様々な社員研修に対してモチベーションを高め、より効果的な研修とすることができます。

将来のリーダーを育てたい。 →リーダー像について考える力を養います。
リーダーの条件とは、企業によって様々です。御社でお考えになるリーダーの条件、求める人材像を社会人基礎力12項目の中から選択いただき、入社前から徹底的に議論します。

今年度の内定者フォロー活動は何が有効か迷っている。 →入社辞退を未然に防げます。
当研修の最終成果物を入社内定者と採用ご担当者様とで共有していただきます。決して一方通行ではなく、定期的に進捗を確認することにより双方のコミュニケーションツールとしてご使用いただけます。

受講者の声

当研修を受講した受講者より、下記の感想をいただきました。

「社会人として生きていく上に大切であり、日々の生活にも関わってくる事がたくさん学べた。」
「社会でのコミュニケーション能力を育み、自分の長所や短所を見つめ直すことが出来た。」
「超参加型の研修でディベート中心、自ら一歩踏み出せるようになった。」
「自分の意見や考え方を理解してもらい、いろいろな人の考えが聞けた。」
「自分の心のコントロールと、相手へ自分の気持ちを伝える術を教わった。」

お問い合わせ・資料請求はこちら

資料請求/お問い合わせ
アクセス/本社・支社
人材市場価値評価プログラム MAP
社会人基礎力評価プログラム PCAP
セミナーのご案内
学生のキャリア教育
カウンセリングセンター
採用情報
     
  Copyright c Human Resources Ltd. All rights reserved.